さよなら、学校の前例主義 工藤校長×日野田校長(中)

公立校において、外部企業などを巻き込んだ「オープンイノベーション」なカリキュラムづくりを推進してきた東京都千代田区立麹町中学校の工藤勇一校長と、武蔵野女子学院中学校・高等学校(19年4月より武蔵野大学中学校・高等学校に変更)の日野田直彦校長。外部と連携する上で押さえるべきポイントや、予算を獲得するために必要なことを語ってもらった。(司会・教育新聞編集部長 小木曽浩介)
■企業と組んでも成功するとは限らない

――さまざまな「オープンイノベーション」に、お二方とも積極的です。外部の民間企業などと連携する上で、どのような工夫をされているのでしょう。

日野田 前任校の大阪府立箕面高校では、着任早々、大阪府が実施する「骨太の英語力養成事業」の指定校となり、TOEFLで成果を実証しなくてはいけなくなりました。ところが当時の箕面高校の英語教員は、TOEICでは満点の人もいましたが、TOEFLでは一番高い人で39点と、精通した人がいませんでした。そこで、大手英会話スクールのベルリッツに入ってもらい、TOEFL対策のための授業を共同開発していくことにしたのです。

ただ、ベルリッツの講師は、1対8程度の授業は得意でも、1対40の授業は得意ではありません。その点、教員は1対40の授業のスペシャリストです。40人を一斉に指導するのは、かなりの専門技能がいることなのです。

つまり、民間企業を入れたからといって、必ずしも成功するとは限りません。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。