迫る大学入学共通テスト 英語民間検定試験の全体像

2021年度入試から実施される大学入学共通テストでは、英語に関して「読む」「書く」「聞く」「話す」の4技能を評価するため、民間の資格・検定試験の成績を活用する。共通テストの実施まで2年を切ったが、2019年度中には大学入試センターによる「大学入試英語成績提供システム」が稼働するなど、各高校における対応は「待ったなし」の状況だ。稼働が迫る中、共通テストにおける成績提供システムのポイントを整理した。


要件を満たす民間の資格・検定試験

大学入試センターが「大学入試英語成績提供システム」の要件を満たすと確認した、資格・検定試験の種類ごとに、CEFRとスコアとの対応、検定料、実施スケジュール、会場などの情報をまとめたのが、「英語4技能試験情報サイト」の18年11月時点での一覧表

要件を満たす試験は9種類あるが、実施回数や会場、検定料に違いがある。また、どの試験もCEFRのレベルに対応してはいるものの、試験の目的を異にすることから、実施方法や解答形式には大きな違いがある。受験生はそうした違いを踏まえながら、どの試験を利用するか、適切に判断することが求められる。

共通IDを記入して意思確認

受験生が民間の資格・検定試験をどのように受検し、その成績はどう大学側に送られるのか。……