大学入学共通テスト 詳報・プレテスト分析結果


4月4日に大学入試センターが公表した、大学入学共通テスト試行調査(プレテスト)の結果報告では、各問題の詳細な分析や実施面での課題から、2021年1月の共通テスト本番に向けた問題作成の方向性が見えてきた。同センターはこの結果などを踏まえ、共通テストの問題作成方針と実施方法について検討を進める。


■各科目における解答傾向

受検生の平均点と、平均点を満点で割りパーセンテージにした平均得点率、正答数の平均を設問数で割り、パーセンテージにした平均正答率は表1の通り。なお、記述式の問題がある「国語」と「数学Ⅰ・A」については、マーク式問題のみの点数を基に換算した。

プレテスト実施にあたって大学入試センターが目安としていた、平均得点率5割程度以上となったのは19科目のうち14科目。数学2科目、理科3科目では、5割程度を下回った。

また、標準偏差15を下回った科目は▽数学Ⅱ・B▽日本史B▽現代社会▽政治・経済▽生物▽地学。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。