多文化共生社会への第一歩(下)たった一人でも寄り添う学校

各国の日本語教育の現場に足を運び、前任校の横浜市立飯田北いちょう小学校では、在籍児童の半分が外国籍か外国にルーツを持つ環境の中で、国際教室を担当した菊池聡教諭。2018年度から赴任している同市立仏向小学校で実践する、菊池教諭の新たな挑戦にスポットを当てる。




一人のためにみんなが力を合わせる学校

――仏向小に異動して、どのようなことに取り組もうとしているのですか。

実は今、中国の学校と姉妹校締結をしようと準備を進めています。仏向小には中国にルーツを持つ子供が多いのですが、普段の学校生活では陰に隠れてしまいがちです。中にはみんなの前では中国語を使わないようにしていたり、国籍すらも隠していたりする子もいます。

姉妹校締結が実現し、中国の子と交流する場面ができれば、その子たちが通訳となって日本語と中国語でコミュニケーションを促してくれるでしょう。彼らの自信につながるし、日本人児童にとっても多様性に触れられると思います。

本校に赴任後、一番力を入れているのは同僚の教員の意識改革です。例えば、普通の学校では、保護者向けの便りは一般的な漢字仮名交じり文を使っていますが、前任校の飯田北いちょう小では、全部の漢字にひらがなでルビを振っていました。

もちろん手間は掛かりますが、外国人でもひらがなであれば読める人が多いだろうという配慮です。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。