~心の声、気付いてよ~ 子供に寄り添うWYSH教育(上)


 いじめ、学級崩壊、子供の自殺……。深刻化する子供たちの問題を、どう解決していくべきなのか。

 京都大学学際融合教育研究推進センターの木原雅子教授は、自ら開発した「WYSH(ウイッシュ)教育」で、揺れ動く思春期の心と身体に寄り添い、多くの子供や学校を救ってきた。第1回は、社会の変化とともに進化してきたWYSH教育とは、具体的にどのようなものなのかを聞いた。全3回。


■自尊心を高め、自主性を育む
――WYSH教育とは、具体的にどのような教育なのでしょう。

 WYSHとは、Wellbeing of Youth in Social Happiness(子供たちの真の幸福)の頭文字を取ったものです。一言で表せば、子供の自尊心を高め、自主性を育み、どう生きるかを考えさせる教育です。

 私たちはこれまで、約35万人に及ぶアンケート調査と1200人を超えるインタビュー調査を通じ、科学的分析を行ってきました。WYSH教育では、それらの分析結果と私たちが自ら開発した「社会疫学」という方法論を基に、子供や学校が抱える問題に適したオーダーメードの授業を行います。

 これまでWYSH教育を受けた小・中・高校生33万3258人(2002~17年)について言えば、自尊心が向上し、いじめや不登校は減り、それに伴って学力が向上するなど、子供たちに大きな変化が見られています。……