世界の教室から 北欧の教育最前線(21) エデュ・ツーリズムと視察公害



世界の海外旅行者数は20年間で倍増していて、今後も増え続ける見通しだ。この波に乗じてエデュ・ツーリズム(Edu-Tourism)が拡大している。若者の外国旅行や語学留学、大学などへの留学、研修旅行が盛んになり、教育が新たな観光分野として注目を集めている。




教育視察が街の一大産業に

教員の海外視察も増えている。北イタリアの都市レッジョ・エミリア市では、世界的に知られる幼児教育の現場を見ようと、連日多くの教育関係者が訪れている。いまや教育はこの街の一大産業になっている。

2006年にはロリス・マラグッチ国際センターを設置し、訪問者の受け入れ窓口を一元化した。同市では、教育に支障が出るという理由で、公立の乳幼児センターや幼稚園では見学者を受け入れていない。学校を訪問するには、レッジョ・チルドレンが主催する有料の研修に参加する必要がある。
■PISAが生んだ「フィンランド詣で」

OECD生徒の学習到達度調査(PISA)が始まった2000年代以降は、成績上位国への視察が急増した。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。