【木村泰子×住田昌治】「脱ブラック学校」 カラフルな教育が子供を変える(上)


画一的な「ブラック教育」から「カラフルな教育」へ――。「子供を主語にした学び」を実践し、地域や教職員と共に、多様性のある学びの場をつくり続けてきた木村泰子氏(大阪市立大空小学校初代校長)と、「サーバントリーダーシップ」の手法で、子供も教職員も元気でカラフルな学校をつくってきた住田昌治氏(横浜市立日枝小学校校長)が対談。多様でカラフルな空気を学校につくるには、どうすればよいのか。第1回は、今の学校が画一的である原因と、そこから脱却するための方法について語ってもらった。全3回。(司会・教育新聞編集部長 小木曽浩介)


どこを見て仕事をしているか

――学校がブラック企業に例えられるなど、教育現場は非常に危うい状況にあります。原因はどこにあるのでしょう。

木村 私は大阪市の小学校教員を45年間務めました。大空小学校での9年間の校長時代を含め、45年間、現場だけ、大阪市だけしか知りませんでした。

それが、大空小を退任してからこの3年間で、47全ての都道府県に行かせていただきました。いろいろな学校で授業させていただいたり、先生たちと学ばせていただいたり、保護者の方たちから話を聞かせていただいたり、学校に行っていない子供たちから「学校って何のためにあるの?」と問われたりしました。

そうした活動を通じ、多くの学校が、大空小では全く困っていなかったようなことに困っていることを知り、とても驚いています。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。