ルポ・夜間中学 開設までの道のりとこれから(中)


埼玉県川口市の同市立芝西中学校陽春分校はこの4月、同県内初の夜間中学として開設された。その背景には、長年にわたる市民らの運動があった。第2回では、川口市の事例から、公立夜間中学の開設までの軌跡を追う。


自主夜間中学の今

JR川口駅近くの公民館の一室。毎週火曜日と金曜日の午後6時半~8時半に開かれる「川口自主夜間中学」の授業は、長テーブルを並べて、生徒と教師が一対一で学習を進める。

生徒は中学生くらいの子供から大人まで。外国人も多い。日中辞典を片手に国語の教科書を読み進める生徒もいれば、因数分解に取り組む生徒もいる。

現在、川口自主夜間中学に通っている生徒は約70人で、その7割が外国人だ。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。