「脱ブラック学校」 カラフルな教育が子供を変える(中)


外国籍で日本語が不十分だったり、貧困や虐待など問題を抱えていたりなど、多様なバックグラウンドを持つ子供たちにとって、学校は安心できる場になっているのだろうか。木村泰子氏(大阪市立大空小学校初代校長)と住田昌治氏(横浜市立日枝小学校校長)による対談の第2回では、全ての子供たちにとって有意義な学びを実現するために、学校や教員に何が必要なのかを語ってもらった。(司会・教育新聞編集部長 小木曽浩介)


多様な背景を抱えた子供たち

――近年は外国籍の子供も急激に増えています。多様なバックグラウンドを持つ子供たちが学校に来ているわけですが、このような時代において、学校にはどのような役割が求められているのでしょうか。

住田 本校は外国籍の子供が増え続けており、現在は3割近くに達している状況です。横浜市内には、子供の半数以上が外国籍という学校もあります。これから先、全国的にもそうした状況が広がっていくのではないかと思っています。

 親の都合で日本に来て、言葉が通じなければ、文化も全然違う。学校がどんなところかさえも分からない。外国籍の子供の多くは、そのような状態で学校に来ています。中には、日本に定住予定の子もいますが、そうなれば近い将来受験もするし、社会に出て働くことも必要になってきます。今後、こうした子供たちの学習権をどう保障していくのか、大きな課題になってくるでしょう。

 本校の近くにはDVシェルターがあります。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。