ルポ・夜間中学 開設までの道のりとこれから(下)



義務教育未修了者や入学希望既卒者に、義務教育を受ける機会を保障する公立夜間中学は全国に33校あり、2017年時点で約1700人が通っている。この4月に開校した埼玉県川口市や千葉県松戸市以外にも、一部の地域で開設に向けた動きがある。夜間中学の設置推進に向けた国の施策を取り上げる。




夜間中学の歴史と現状

そもそもの夜間中学の始まりは、戦後にまでさかのぼる。1947年に教育基本法が制定され、学制改革によって中学校までの9年間が義務教育となった。ところが、戦後の混乱期では、学齢に達していながらも、家庭の経済状況から、中学校に通わずに就労したり家事を手伝ったりする生徒も多くいた。夜間中学は彼らに義務教育を受ける機会を提供することを目的に公立中学校に設置されるようになった。

ところが、夜間中学は1955年の89校をピークに次第に減少し、69年には20校にまで減ってしまった。生徒数も55年の5208人から、68年には416人まで減少。その背景には、就学援助策の充実や高度経済成長を迎えた日本の情勢変化がある。

その後、夜間中学は義務教育を修了しないまま学齢期を経過した人(学齢経過者)や、不登校などの事情で十分な教育を受けられないまま中学校を卒業した人(形式卒業者、入学希望既卒者)に、義務教育の機会を提供する場として全国に30校以上が存続。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。