フレックス導入の静岡・大里中 プロジェクト型の学校改革



中教審の答申を受け、学校における働き方改革は実行フェーズに移行している。文科省や教育委員会によってさまざまな取り組みが進められる中、2019年度から教員の勤務時間に早番と遅番のフレックス制を導入した、静岡市立大里中学校の試みが注目されている。18年度末まで同校の校長を務め、3月末で退職した山下由修元校長に、大胆な働き方改革と学校づくりの狙いを聞いた。




フレックス制が目的ではない

「フレックスという言葉ばかりが話題となって一人歩きしてしまったが、フレックス制の導入に、大里中の改革の本質があるわけではない」と開口一番、山下元校長は強調した。

学校の完全下校時刻は季節によって変わるのが一般的だ。日照時間の長い夏季は遅くなり、逆に冬季は早くなる。そのため、教員の勤務時間は安定せず、生徒にとっても放課後の時間を自分でプロデュースする力が身に付かない。そこで山下元校長が考え出したのが「年間を通じて終わりの時間を統一する」ということだった。

同校の19年度の日課表を見ると、完全下校時刻が月、水、木曜日は午後5時、火、金曜日は午後6時と年間を通じて統一されている。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。