eスポーツ部を学校に あり?なし?(中)

対戦型のコンピューターゲームで技を競う「eスポーツ」。高校対抗の全国大会が開催され、部活動を発足させる学校も現れるなど盛り上がりを見せる一方で、学校教育に組み入れることには否定的な人も多い。全国に先駆けてeスポーツ部を設置した愛知県立城北つばさ高校への取材を通じ、部活動として見たeスポーツの可能性を探る。


eスポーツ部ができるまで

愛知県立城北つばさ高校(金子悟校長、生徒307人)は、昼間部の普通科と夜間部のものづくり科がある定時制高校。旧県立愛知工業高校の校舎を利用し、2017年4月に開校した。

昼間部は小・中学校で不登校を経験した生徒が少なくない。そのため、同校ではスクールソーシャルワーカーやスクールカウンセラーらと連携しながら、きめ細やかに対応している。

定時制高校では通常、卒業まで4年を要するが、同校は「単位制かつ定時制」。……