「脱ブラック学校」 カラフルな教育が子供を変える(下)


卓越したリーダーシップで多様な空気を学校につくり続けてきた大阪市立大空小学校初代校長の木村泰子氏と、横浜市立日枝小学校の住田昌治校長。対談の最終回では、新学習指導要領の実施が迫る中、「カラフルな教育」をつくるために必要なことについて語ってもらった。(司会・教育新聞編集部長 小木曽浩介)


■みんなの考えをどんどん引き出していく

――住田先生は子供も教職員も元気でカラフルな学校にするために「サーバントリーダーシップ」の手法をとっているそうですが、どのような手法なのでしょうか。

住田 「サーバントリーダーシップ」とは、昔ながらのトップダウンによる「支配型リーダーシップ」ではなく、まず相手に奉仕し、その後に相手を導くという「支援型リーダーシップ」です。

例えば、学校には、何のためにやっているのか分からない仕事がたくさんあるため、教員が子供と関われない現状があります。そうした課題について、みんなで話し合います。私は教員から、いろいろな考えや意見を引き出していきます。その上で、「じゃあ、この作業を考え直そう」「この仕事はやめよう」「もうちょっと○○さんの負担を減らそう」などと、皆で合意形成していくようにするのです。

要するに、教職員から意見や考えを引き出すことなのですが、これを日常化するには、教職員がほっとできる、ちょっとしたカフェスペースを職員室に設ければいいと思います。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。