eスポーツ部を学校に あり?なし?(下)

対戦型のコンピューターゲームで技を競う「eスポーツ」。ここ数年、高校対抗の全国大会が開催され、部活動を発足させる学校も現れるなど広がりを見せる一方、「ゲーム漬け」による弊害などを不安視する声も根強い。果たして、学校教育の中に定着していく余地はあるのか。大会に出場した生徒や関係者の声を通じ、学校教育におけるeスポーツの可能性を探る。


国内初の大会「全国高校eスポーツ選手権」

高校生が同じ学校でチームを組み、対戦型コンピューターゲームの腕前を競う「第1回全国高校eスポーツ選手権」の決勝大会が2019年3月23、24日の両日、千葉市の幕張メッセで開催された。

予選大会は18年12月にインターネット上で行われ、全国計153校が参加した。決勝大会では予選を勝ち抜いたチームが一堂に会し、1日目は3対3で対戦するサッカーゲームの「ロケットリーグ」部門、2日目は5対5で行われる陣取りゲームの「リーグオブレジェンド」部門で、それぞれ準決勝と決勝が行われた。

幅約24メートルの大型ビジョンにプレーの様子が映し出される中、詰めかけた観衆からは幾度も大きな歓声が上がった。……