プロデューサー教師のトライ(上) 弱小チームを花園へ



弱小ラグビー部がわずか3年で全国大会(花園)出場を果たした。それも、たった1日1時間、週3日の練習で――。静岡市にある静岡聖光学院中学校・高等学校は、これまでの常識とは真逆のチームづくりで全国の強豪校と肩を並べるまでになった。近年は「主体性」を重視した部活動改革のパイオニアとしても注目されている。花園初出場のときに監督を務め、部を育て上げた星野明宏校長に、子供や学校をプロデュースする極意を聞いた(全3回)。第1回では、ラグビー部での指導から、生徒を輝かせるための演出の裏側をのぞき見る。




セルフプロプロデュースによるチームづくり

――星野先生がラグビー部の監督として、大切にしていたことは何ですか。

学校は、とても成績が良かったり、スポーツが得意だったりする子供か、あるいはやんちゃだったり、家庭に問題を抱えていたりして、教師が面倒をみなければいけない子供にフォーカスされがちです。でも実際にはそれ以外の、ごく普通に学校生活を送っている子供が大半を占めています。また、学校ではトップだったとしても、社会に出てエリートになる人はごく一部です。

私が生徒たちに一番伝えたかったのは、自分自身をセルフプロデュースすることの大切さです。解散してしまいましたが、SMAPのメンバーは一人一人の個性が確立していて、一人でも活躍できるし、グループとしてまとまるとさらに魅力を発揮します。同じように、学校のクラスも、一人一人の個性を尊重し合って40人のグループになった方が、力を発揮すると思います。
――具体的に、ラグビー部の部員にはどのような指導をしたのでしょうか。

ラグビー部の監督になった当初、部員の間には「どうせ勝てないし、ほどほどでいいや」という空気がまん延しているように感じました。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。