遠隔システムがつなぐ可能性 OKIワークウェル堀口社長



国が推進する遠隔授業の取り組みが注目を集める中、全国の特別支援学校を遠隔システムでつなげ、生徒が交流する授業を長年支援している会社がある。東京都港区に本社を置くOKIワークウェルは、早くから在宅勤務による障害者雇用を積極的に進めてきたことでも知られている。ICTは障害者の学びや仕事の可能性をどう広げるのか。今年4月から同社の社長に就任した堀口明子氏にインタビューした。




障害者雇用の経験を特別支援教育に生かす

――障害者が働く環境をどのようにつくっているのか。

現在、当社の社員数は85人で、障害者は72人を占めている。そのうち、肢体不自由や内部障害で在宅勤務として雇用しているのは54人いる。ITスキルを持った社員同士がネットワーク上でつながり、チームとしてソフトウエアやウェブの制作業務を進めている。

仕事を進める際は、当社が開発した「ワークウェルコミュニケータ」を活用している。これは、音声だけのシンプルなコミュニケーションツールで、通信回線が貧弱でも問題なく使用できる利点がある。ネットワーク上の「会議室」に関係する人が集まって、打ち合わせができるようになっている。いわば「バーチャルオフィス」だ。

多くの障害者にとって、通勤はハードルが高い。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。