次期学習指導要領審議まとめ案 合田教育課程課長に聞く

次期学習指導要領の方向性が示された「審議まとめ(案)」が8月1日の教育課程企画特別部会で公表された。新しい時代に求められる資質・能力を子どもたちに育む「社会に開かれた教育課程」の実現を掲げた。小学校外国語(英語)の教科化や高大接続で教科再編など大きく変わる次期学習指導要領。アクティブ・ラーニングやカリキュラムマネジメントなど重要なキーワードが盛り込まれているこのまとめ案について、そのポイントを、文科省の合田哲雄教育課程課長に聞いた。

〇インタビュー(1) 全体像見通す「学びの地図」を示す
〇インタビュー(2) マネジメントの肝はPDCAサイクル

 

【関連記事】

「新学習指導要領「審議のまとめ」(案)を読み解く」(2016.8.6)

「次期学習指導要領で審議まとめ案 年内の答申を目指す」(2016.8.1)

「新学習指導要領で審議まとめ(案)~識者に聞く・解説~」(2016.8.1)