模擬国連に生徒延べ200人 違法薬物めぐり活発に議論

公文国際学園(横浜市)は2月11日と14日の両日、中高生による10回目の模擬国連“Model United Nations of Kumon”(MUNK=ムンク)を開催した。参加者は両日合わせて、中学校1年生から高校2年生までの、他校生徒を含む延べ200人ほどで過去最多となった。11日の議論では日本語が用いられ、専門用語や議事進行には英語が用いられたが、14日には、全てが英語で進行していく、3回目となる“MUNK International”が実施された。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。