エネルギー、平和に取り組む

(公財)ユネスコ・アジア文化センター(ACCU)はこのほど、「2017年度ユネスコスクール年次活動調査」の結果を公表した。SDGs(持続可能な開発目標)の認知度が6割を超えていることなどが明らかにされた。

 同調査は、文科省の委託事業。昨年12月から今年1月にかけ、全ユネスコスクール加盟校1034校を対象にウェブ調査を実施され、765校(回答率約74%)から回答を得た。  校種別に回答校の割合を見ると、「小学校」49%、「中学校」22%、「高等学校」16%、「中高一貫校」7%、「保育園・幼稚園」3%、「小中一貫校」2%などとなっている。  国内および国際的枠組みについて、「知っている」と回答した割合は、「グローバル・アクション・プログラム(GAP)」56%、「(GAPと別に)国内実施計画」37%、「SDGs」63%となっており、SDGsに対する認知度が高いことが分かった。……

第8回ESD大賞の実践紹介 ネスレ日本ヘルシーキッズ賞・東京都目黒区立田道小学校

環境教育と国際理解教育を
この賞は、「食育や栄養教育と運動の実践を通じて持続可能な社会を担う子供たちの健康を育てる優れた実践研究」に贈られるもの。 [caption id="attachment_91211" align="alignright" width="300"] 運動会では全校で田道小体幹体操を行った[/caption]  東京都目黒区立田道小学校は、「食・栄養・健康」を核にした健康教育に全校挙げて組織的・計画的・継続的に取り組んでいる。自ら健康づくりに励む子の育成を目指す活動として、養護教諭と担任の連携による食の指導、ペースランニングや田道小体幹体操などによる健康づくり、パラリンピック出場選手との交流学習などを行っている。  同校の周囲は住宅街であるが、近くには都内有数の桜の名所である目黒川があり、地域の歴史や環境問題を考える題材にもなっている。……

第9回ESD大賞の実践紹介
小学校賞・東京都大田区立赤松小学校
東京都大田区立赤松小学校は新学習指導要領の理念に鑑み、ユネスコスクールの責務であるESDの充実に焦点を当て、研究主題を「心豊かで、主体的に活動する、国際社会の一員としての自覚をもった子供の育成」と掲げ、質の高い学びの創造を目指して取り組んでいる。 生涯を通じて行われるESDの基盤として、小学校教育では持続発展可能な社会を構成するための「価値観」と「体系的な思考力」の萌芽(ほうが)と伸長を促すことが重要であると捉えている。 そこで、まず教育活動全体を俯瞰(ふかん)し、育成してきた「生きる力」を「価値観」と「体系的な思考力」に視点を当てて整理した。()……

第10回ユネスコスクール全国大会 12月8日に横浜市で開催

日本における持続可能な社会の実現に貢献――。ユネスコ・スクールが一堂に会して開催される第10回ユネスコスクール全国大会(主催・文部科学省、日本ユネスコ国内委員会、共催・NPO法人日本持続発展教育推進フォーラム、第10回ユネスコスクール全国大会横浜大会実行委員会(横浜ESD推進コンソーシアム、神奈川県ユネスコスクール連絡協議会ほか/協力・横浜市教委ほか/後援・教育新聞社ほか)の概要が決定した。今年度は12月8日に、横浜市で開催される。第10回の記念大会として注目を集めている。 次期学習指導要領では、従来以上にESDに関連する内容が各教科・領域に盛り込まれ、「持続可能な社会の創り手」の育成を教育活動全体で展開することをうたっている。2018年度の小学校移行措置を皮切りに、持続可能な社会を目指した教育活動・実践が、学校現場でより一層展開されていくことになっている。 こうした流れの中で、第10回ユネスコスクール全国大会は、これまで積み上げた成果、ESDの教育的効果を示す大会を目指している。

日本ユネスコ国内委が12団体採択
日本ユネスコ国内委員会(会長・安西祐一郎独立行政法人日本学術振興会顧問)このほど、2018年度の「グローバル人材の育成に向けたESDの推進事業」の対象となるコンソーシアムを決定した。多様なステークホルダーの参画によるESDコンソーシアムの構築と、「ESDの深化」を図る高度な実践を通じて、持続可能な社会づくりの担い手を育成し、地域のSDGs達成の推進に寄与することが目的。今年度は大学、教委、自治体、公益法人など12団体となっている。 この事業は、2014年度からの継続事業である「ESDコンソーシアム事業」と、18年度から新規にスタートした「ESDの深化による地域のSDGs推進事業」から成る。 コンソーシアム事業は、教委や大学が中心となり、ESDの推進拠点であるユネスコスクールとともにコンソーシアムを形成し、地域におけるESDの実践・普及や、国内外におけるユネスコスクール間の交流などを促進する。……

中学校賞 さいたま市立大宮八幡中学校
[caption id="attachment_78114" align="alignright" width="300"] 「世界一大きな授業」を全校で実施[/caption]
(1)研究のねらい
本校は、人口約120万人を超える政令指定都市にある全校325人の小規模校で、学校教育目標は、「心豊かで たくましい 広い世界に生きる人間の育成~好奇心こそすべての始まり」。JRC加盟校として長い歴史があり、人権教育の推進にも力を注いでいる。環境教育の視点で学校ファームの活動に、また、国際理解・多文化共生の視点で学校外の講師を招聘(しょうへい)するなどの活動も取り入れている。 これらの活動をESD(持続可能な開発のための教育)の観点からまとめ、地域との絆を一層深めるとともに、地球規模の課題を認識し、中学生として今何をしなければならないのかを知り、考え、行動することのできる生徒の育成を目指している。具体的には、「人格の発達や、自律心、判断力、責任感などの人間性を育むこと」「他人との関係性、社会との関係性、自然環境との関係性を認識し、『関わり』や『つながり』を尊重できる個人を育むこと」を狙いとしている。 それにより、(1)持続可能な社会(未来)の担い手としての意識を高めることができる(2)自分が世界とつながっていることを実感し、自己肯定感や有用感を育むことができる(3)地球規模で考え、身近な所に目を向ける態度(Think Globally Act locally)を身につけることができる(4)広い視野で物事を考え、思いやりの心や協調性が育まれる――の力が育つと考えている。

児童生徒に貴重な「自然体験」の機会を与える学校林。小・中・高校で保有している学校は現在2492校で、直近の5年間では185校の減少、30年前と比較するとほぼ半数に減少していることが、公益社団法人国土緑化推進機構の調査で分かった。最も多く利用されているのは、「総合的な学習の時間」においてであった。

神戸大学附属中等教育学校は、「グローバルキャリア人」育成を教育目標に掲げ、地球的諸課題を踏まえながら国際的に活躍・貢献できる生徒の育成を目指している。ESDは教育目標を達成する上で重要な柱であり、次期学習指導要領でもその実践が強調されていることから、中高一貫教育の全教育課程(教科、総合学習、特別活動、課外活動等)に位置付け、教育改革の原動力として取り組んでいる。

米国のスタンフォード大学は、日本の高校生を対象とした、遠隔教育課程「Stanford e―Japan」を提供している。米国社会や日米関係に関する最先端の研究を英語で学べ、米国のトップクラスの学者と日本の高校生がオンライン上で議論を交わす。

 ESDのネットワークを広げ、さらなる深化拡充を図ろう――。SDGsの「目標17・パートナーシップで目標を達成しよう」にあるように、今後のESDの推進にはネットワークの構築が重要なポイントとなっている。ESD活動支援センター(阿部治センター長)では、「ESD推進ネットワーク」構築に向け、関連の組織・団体を「地域ESD活動推進拠点」として登録する活動を展開している。

公式SNS

16,276ファンいいね