宮田代表理事が語る「未来の先生展2018」

昨年3千人以上が参加し好評を博した日本最大級の教育イベント「未来の先生展2018」(文科省など後援)が今年も9月15、16日の2日間、東京都渋谷区の聖心女子大学で開催される。「教育のリストラクチャリング(再構築)」をテーマに、多様な教育の形や最先端の学びを体験できる100以上のセッションを展開する。イベントの実行委員長を務める「Teacher’s Lab.」の宮田純也代表理事に開催の狙いを聞いた。


――昨年に続いての開催となる。その狙いは。

昨年度は初開催にもかかわらず、全国から多くの方々に参加いただいた。SNSでの反響も大きく盛況のうちに終えることができ、参加された方々にこの場を借りてお礼を申し上げたい。

同展は教員だけでなく、教育に関心を寄せる多彩な人々が参加し共に学ぶという点に特長がある。この多様性は今までにない化学反応を起こす可能性を秘めており、昨年度も参加者同士の交流を通じて、新たな取り組みや知見が生まれた。今年も引き続き、参加者同士がつながり、知識・視点を広げ新しい取り組みが生まれる場となるよう、内容と運営方法をブラッシュアップした。生涯学習という観点で学校教育を捉え直し、教育産業で働く人や学校ボランティア、教育関係のNPO法人、保護者など広く参加する。イベントではさまざまな学びや出会いの機会を設けている。

――今年のテーマは。

「リストラクチャリング(再構築)」。教科教育、生涯教育、環境教育、オルタナティブ教育などさまざまな教育分野が一堂に会する場を設け、既存の教育を再構築する。これは既存の教育を否定するものではなく、新たな要素を混ぜ込むことによって在り方を捉え直す機会としたい。社会が複雑化し、学校教育に求められるものも多様化・複雑化する中、領域横断型の学び・実践がさらに重要性を増すと考える。教育の概念、知識、取り組みなど、あらゆるものの再構築を促す。

宮田代表理事
――どういった人たちに参加してほしいか。

社会の動向を知り、自ら学び、専門性を向上させたいと考える熱心な教員や、教育への感度が高い全ての方々に足を運んでいただきたい。国内外のプロが担当するプログラムはいずれも質が高く、多くの新しい知見が得られるはずだ。国境、校種、業種を越えた2日間のプログラムを通して、未来の教育・学び・先生像を描いていく。知的で多様な学びが広がるぜいたくな2日間をぜひ楽しんでほしい。

◇ ◇ ◇

9月15日は午前10時から開始。ワークショップ「国際バカロレアは日本の教育を変えるのか?」「フリースクールで学んでいること、学んだこと~フリースクールの子ども・卒業生から聞く~」「公立小学校におけるイエナプラン教育の実践の実際」「学校視察の報告とワークショップ「子どもの未来は誰のもの? フィンランドの教育から学ぶ『自分らしく働き、生きる』ということ」などが行われる。

16日も午前10時から。中教審会長を務めた日本アクティブラーニング協会の安西祐一郎会長と、東京・千代田区立麹町中学校の工藤勇一校長の対談「次期学習指導要領の目指す改革と、現場の挑戦」、ワークショップ「SDGs4.7 CAFE-SDGs達成を目指した教育に出会うカフェ-」などが行われる。

入場料(9月13日までの事前予約)は一般3千円、学生1500円、高校生以下無料。当日券(9月15日から)は一般4千円、学生2千円、高校生以下無料。※2日参加も1日参加も同料金

詳しいタイムテーブルや入場チケット購入などは、「未来の先生展2018」のサイトへ。