少しずつ春らしい陽気の日が増えてきた。私の勤める観察の森でも、ウグイスのさえずりが聞こえはじめている。もちろんまだ上手ではない。ウグイスのほかにもヤマガラやシジュウカラのさえずり、ヤマアカガエルの声も聞かれ、生きものが活発になってきていることがわかる。

(公財)笹川平和財団海洋政策研究所は、月に1回、海洋に関する社会の関心事項の中からテーマを設定し、「海洋フォーラム」を開催している。 このほど136回目を迎えたフォーラムでは、東京大学海洋アライアンス海洋教育促進研究センターの田中智志センター長が「海洋教育を支える理念について」と題して講演した。 同センター長は、「自然と人とのつながりとは、自然への思い、愛着である。海と人には『見えないつながり』がある。海は超人為的な存在だからこそ、大きな意味がある。人は、数々の理科的な事実を理解するにつれ、海の大切さ、海への畏敬の念を抱く。海洋教育の理念とは、自然としての海について学ぶ人自身が、その体感的経験と科学的知見を踏まえて構想するものであり、その一つが自然と人の贈与享受としての『つながり』である」と述べた。 さらに、「現実を直視し、『問題解決』を目指す海の授業、環境教育などが実践されているのは良い。しかし、それらを実践する前に、次世代を担う子供たちに、海に関して学ぶ動機付けの重要な要素として『理念』を伝えるのが重要な責務」と指摘した。 主催者の(公財)笹川平和財団海洋政策研究所は、東京大学海洋アライアンス海洋教育促進研究センター、日本財団とともに、海洋教育を実践する小・中・高校、中等教育学校、特別支援学校などを支援している。これを通して、海洋教育カリキュラムの開発と海洋教育の担い手の育成を行っている。そのため、「海洋教育パイオニアスクールプログラム」を立ち上げ、助成活動をスタートさせている。学校での海洋教育の面的広がりと質的向上を図るのがねらい。来年度の助成校は、来年1月中旬に決まる予定。 詳細は同プログラムのサイト=https://www.spf.org/pioneerschool/

明けましておめでとうございます。

北九州市では、子どもの孤食を防止し、安心できる居場所を提供する「子ども食堂」を、モデル事業として9月中にも開設する。

岡山県立高梁城南高校の環境科学科は、地域の事業所と共同開発したシフォンケーキの試作品を高梁市宇治町のイベントに出品。地域活性化への貢献として、生徒がイベント運営を担いながら、試作品のアンケートなどを行い、今後のケーキ改善などに役立てる学びを展開している。

独立行政法人国際協力機構(JICA)の支部であるJICA中部は2月11日午前10時から、名古屋市中村区の「JICA中部 なごや地球ひろば」で、「開発教育・国際理解教育★実践報告フォーラム2018」を開催する。

エネルギー、平和に取り組む

(公財)ユネスコ・アジア文化センター(ACCU)はこのほど、「2017年度ユネスコスクール年次活動調査」の結果を公表した。SDGs(持続可能な開発目標)の認知度が6割を超えていることなどが明らかにされた。

 同調査は、文科省の委託事業。昨年12月から今年1月にかけ、全ユネスコスクール加盟校1034校を対象にウェブ調査を実施され、765校(回答率約74%)から回答を得た。  校種別に回答校の割合を見ると、「小学校」49%、「中学校」22%、「高等学校」16%、「中高一貫校」7%、「保育園・幼稚園」3%、「小中一貫校」2%などとなっている。  国内および国際的枠組みについて、「知っている」と回答した割合は、「グローバル・アクション・プログラム(GAP)」56%、「(GAPと別に)国内実施計画」37%、「SDGs」63%となっており、SDGsに対する認知度が高いことが分かった。……

NPO法人iTeachers Academy主催の「次世代教員養成フォーラム2017」が10月9日、東京都武蔵野市の聖徳学園中学・高校を会場に開催される。「ICT活用をベースとした〝新しい学び〟の創造者へ」をテーマに、第1部は有識者を招いての全体フォーラム、第2部はICT活用の体験ワークショップが行われる。

技能検定の前期日程受検申請締め切りが迫っている。4月15日まで。

京都府八幡市教委は8月1日から、第1回「徒然草エッセイ大賞」の作品募集を、全国に向けて始めている。(株)PHP研究所が同賞を共催、京都府教委、歴史街道推進協議会などが後援する。

公式SNS

16,265ファンいいね