体内時計のメカニズム 生細胞で捉え解明へ

不登校児童生徒やネット依存などで起こる昼夜逆転は、体内時計によるリズムがうまく働かない状態を表す。東邦大学医学部の田丸輝也講師(細胞生理学分野)と東京大学大学院理学研究科の小澤岳昌教授(化学専攻)の研究チームは、マウスの皮ふ、脳、肝臓などの細胞・組織を用いた研究で、ほ乳類の体内時計を駆動する日周性酵素活性の振動メカニズムを解明した。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。