平成28年度 年頭所感 (4)

「百年の計は、教育にあり」と言われるように、資源がないわが国にとっては、いついかなる時も「人こそ命」です。人材育成に、直接携わる校長の使命は重いと考えます。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。