(学校図書館に寄せる思い)人の居場所として

根が天邪鬼のせいか、自分の専門上「読まなければならない」とされる本をなかなか読む気になれない。ましてや決められた期限に読むことなど想像もできない。歳を重ねるにつれ、この悪習に深く染まってきたような気がする。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。