学級経営と授業に役立つメディエーション講座 2月20日と3月26日

「学級経営と授業に役立つメディエーション講座」が、2月20日と3月26日、いずれも午後1時から5時まで、東京大学工学部2号館92B教室で行われる。日弁連法務研究財団助成事業で、(一社)メディエーターズが主催する。

内容は、アメリカのスクールメディエーションの状況報告、メディエーションスキルの実習、参加者によるディスカッション。メディエーションとは、第三者であるメディエーターが介入し、トラブルなどを起こしている当事者同士が話し合い、互いに意見や思いの違いなどを理解する中で、問題を解決していく方法。自尊感情を高めたり、相手を尊重する心を育んだりが体験的に学び取れるので、人権教育としても活用されている。学級経営の手法としても有用である。

対象は教員。参加費は無料。各日定員20人。 メール(info@mediators.jp)かファクス(020―4664―2714)で申し込む。

関連記事