共感のミラーニューロン マーモセットで世界初の発見

誰かがおいしそうに食事をしている。それを見て、自分もおいしいものを食べているような気になる。そう思わせる共感の仕組みが脳にある。これは「ミラーニューロン」として知られている活動部位である。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。