パッチ式脳波センサを開発

熱冷ましのシートを額に貼るような感覚で、簡易に装着できるパッチ式脳波センサができた。開発を成功させたのは、大阪大学産業科学研究所の関谷毅教授と、金沢大学こどものこころの発達研究センターの菊知充教授を中心とした医脳理工連携チーム。

大型医療機器と同じ計測精度を持つ手のひらサイズ。柔軟な電極とシート型ワイヤレス計測モジュール、小型電池で構成。厚み6ミリ、重さ24グラム。生体適合性のある密着性ゲルで額に密着し、活動中でも脳波をリアルタイムで測定できるウェアラブルの計測器である。

従来の脳波測定では頭部全体に複数の電極を装着するなど装着者への負担が大きく、長時間にわたる測定は難しかった。電極につながった複数のリード線により、体の動きが制約されていた。特に子どもの脳波測定には大きな困難が伴った。

同センサにはこのような負担や制約がない。将来的には、医療のホームケアや、介護施設での認知症検査、集団活動中や運転している車中でのストレス、効果的な学習法の研究など、活用の道が開ける。

関連記事