学校家庭問わず自立学習を支援

NTT西日本とすららネットは2月1日から、児童生徒一人ひとりが自立的に学習に取り組める新たな自立学習支援ソリューションサービスの提供を開始した。対象は小学校4年生から高校3年生まで。提供地域は西日本エリア。

教科は小学生版が国・数、中学・高校生版が国・数・英。

学校や家庭を問わず、個々の学力に応じた学習に取り組む環境を充実させ、学習への関心・意欲・態度を高めるのがねらい。すららネットが新たに提供するクラウド型学習支援サービス「ピタドリ」とNTT西日本のネットワークサービスを組み合わせる。

学習者、教員、学習環境づくりに特長がある。

学習者の児童生徒は、個別の学力に応じて自立学習ができるように、問題の難易度と出題量を自動で最適化。解けない原因を既習範囲から自動的に判定し、提示する。教員側には学習の進み具合を見える化され、個別指導を円滑に進められる。学校でも家庭でも、同様の学習環境が整う。

関連記事