【連載】自然体験に行こう 第6回 カエルは水辺と林を利用する

霜が降り続いた1月末、湿地にカエルの卵塊を見つけた。数にして30個以上。「ヤマアカガエル」の卵塊だ。ヤマアカガエルは、その名前の通り、山地や森林とその周辺の田んぼなどを主な生息場所としている。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。