27年間の国連人生を語る 社会統計に関わる大崎敬子次長

国連本部経済社会局統計部の大崎敬子次長は2月10日、日本の国連加盟60周年記念シリーズ企画「国連と日本人」の第2回スピーカーとして、東京都千代田区の日本記者クラブで会見した。統計部の仕事内容や国連で女性が働くやりがいなどについて、「国連は女性が働きやすい職場」と語った。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。