(点描 東西南北)2016年2月下旬のニュース

茨城県立高校で2月23日、男性教諭(41)が生徒の腕などをバールで殴る体罰をしていたのが判明した。服装について生徒に注意したところ、生徒が笑ったため腹を立て、バールで腕などを殴ったという。また、手で腹部も殴った。同教諭は、2年生の担任だったが、現在は担任を外れている。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。