16歳の語り部 大人たちが見過ごしてきた子どもの声

「僕の目を見て、僕に向かって手を伸ばし、おじさんは津波に流されていった」

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。