ハンセン病から人権考える 東映㈱が完成披露試写会

東映(株)は3月23日、人権アーカイブ・シリーズ2作品の完成披露試写会を、東京都東村山市の国立ハンセン病資料館で開催した。披露したのは、人権教育・啓発担当者向けの「ハンセン病問題~過去からの証言、未来への提言~」(56分)と、一般向けの「家族で考えるハンセン病」(20分)。関係者の証言や解説を中心に、ハンセン病をめぐる歴史的経緯、当時の社会情勢、問題の本質が描かれた。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。