教科書の日 責任感と誇りをもって制作

常に学校現場とつながりをもち、子どもに寄り添った教科書を――。4月10日は「教科書の日」。学校教育に果たしてきた「教科書」の役割を広く知ってもらうとともに、その存在意義の啓発を目指したものである。教科書発行者の教科書制作に対する思いを紹介することで、改めて教科書の価値に焦点を当てたい。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。