教科書の日 教科書の魅力

小学校の時、教科書は学問の入り口であり、様々な知識や知恵の宝庫であった。大好きな文学作品があると、何度もそのページを開き、読み返したし、詩は声に出して読んだ。音読は理解の助けになり、いつまでも声に出して読むことがあった。どの学年でも、学期のはじめには決まって教科書が配られ、手にした時の新鮮さは、何時も蘇ってくる。その内容だけでなく、インクのにおいや教科書の重みも皮膚感覚で蘇る。教科書を手にするということは、ある意味一種の学校に通い勉強をする心構えや尊厳に近いのかもしれない。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。