異才発掘プロジェクト 沢渡一登日本財団プロジェクトマネージャーに聞く

日本財団と東京大学先端科学技術研究センターが平成26年から協働で取り組んでいる「異才発掘プロジェクト~ROCKET」が、2年目を迎えている。さまざまな分野で突出した能力をもつが、現状の教育環境にはなじめない、物足りない子どもたちに、新しい学びの場を提供している。これまでの経過や子どもたちの学びの様子、今後の展望について、同財団の沢渡一登プロジェクトマネージャーに聞いた。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。