児童福祉週間 各地で行事など

5月5~11日

5月5日の「こどもの日」から11日までの1週間、全国で「児童福祉週間」の関連行事などが開催される。主唱は厚労省、(社福)全国社会福祉協議会、(公財)児童育成会協会。

週間は、子育ての孤立化による育児不安、児童虐待や子どもが巻き込まれる犯罪、貧困家庭や保育施設の問題など、子どもたちを取り巻く環境が深刻化する中で、児童福祉の重要性を普及するのがねらい。今年度の標語は、「その笑顔 未来を照らす 道しるべ」。福島県の増戸遙さん(13)の作品。全国公募によって選定された。

全国各地の公園や体育施設、科学館、博物館などで小学生や中学生の入館料などが無料になる。

最終の11日には、今年度「児童福祉文化賞」の表彰式が行われる。平成27年度に、社会保障審議会から推薦された児童福祉文化財のうち、特に優れた作品に贈られる。

関連記事