生き物に学びくらしに活かす 国立科学博物館

東京都台東区の国立科学博物館で6月12日まで、企画展「生き物に学びくらしに活かす」が開かれている。生き物の持つ優れた生体機能を模倣し、人工的に再現して工学や医療の分野に応用する「バイオミメティクス」の世界を展示する。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。