来年度使用の高校教科書 全国7会場で展示

文科省は平成28年度に使用される高校教科書を、東京都や福島県など全国7会場で展示公開する。

各地の会場や日程は次の通り。

▽鹿児島県では、県庁行政庁舎2階会議室2-B-1で6月2日から15日まで▽福島県では、県立図書館3階第二研修室で6月3日から15日まで▽東京都では、(公財)教科書研究センター5階第4会議室で6月7日から30日まで▽群馬県では、県庁昭和庁舎2階第2展示室で6月14日から23日まで▽新潟県では、県立図書館エントランスギャラリーで7月1日から14日まで▽香川県では、県教育センター2階教育ライブラリーで7月5日から15日まで▽滋賀県では、大津市教育センター第4研修室で7月13日から24日まで――。

検定審査を通った教科のうち「公民」「地理歴史」では、竹島(島根県)、尖閣諸島(沖縄県)など領土に関する記述が以前よりも6割増となった。南京事件などの歴史的事実については、検定意見5件が付いた。さらに、最近の社会情勢を反映して、集団的自衛の記述は「現代社会」と「政治・経済」の全てに盛り込まれていた。

公開資料は、27年度に検定審査を受けた高校教科書に関する資料を展示している。申請図書のほか、調査意見書や判定案、検定意見書、修正表など。

7会場での展示終了後は、国研教育図書館や公財)教科書研究センター教科書図書館で、通年公開される。

関連記事