水泳指導で通知 技能ある児童生徒が重大事故も

注意を喚起

水泳指導が実施される時節に向けて文科省は、都道府県・指定都市教委などに対し「水泳等の事故防止について」通知した。自治体などに水難事故やプールでの事故の防止に努めるよう注意を喚起するとともに、学校での留意点を押さえた。

学校での指導に当たっては、小・中学校では飛び込みではなく水中からスタートすべき点を確認した上で、▽一定の技能を身に付けている児童生徒がスタート時に重大事故に遭遇▽入水するときに無理な息こらえや必要以上に深呼吸を繰り返させて重大事故に至った――などのケースが報告されているので、留意すべきと指摘している。

関連記事