教職員サポートルーム 相談員3人で今年度から

静岡県教委は今年度から「教職員サポートルーム」を設けた。教職経験豊かな退職校長3人からなる相談員が、相談を受け付ける。

対象は県立学校教職員、小・中学校教職員のほか、教委事務局・教育機関の職員。

サポートルームは、教職員が教育活動に専念できるよう、心身の健康づくりを支援する相談窓口として設置された。主に新規採用2年目の教員を対象として、相談員が順次訪問して相談に乗る指定面談のほか、本人または所属長の依頼により実施する希望面談を行っている。

その他にも、電話相談や同県のホームページ上に設置された「教職員サポートルーム メール相談コーナー」で、Eメールでの相談も受け付けている。

関連記事