連帯の記録が記憶遺産地域版に 水平社と衡平社

「水平社と衡平社の国境を超えた被差別民衆連帯の記録」が、アジア太平洋地域版のユネスコ記憶遺産に登録された。日本の水平社と朝鮮の衡平社。被差別民が中心となって設立した両者を結ぶ活動や歴史の記録が認定された。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。