世界遺産学習ノート 小中学生向けに作成

s20160725_03大阪府堺市教委は、小・中学生に「百舌鳥・古市古墳群」への関心を高めてもらおうと、「百舌鳥・古市古墳群 堺市世界遺産学習ノート」を作成した。世界遺産や堺市博物館での学習、自由研究などにも使える内容。

ノートは、市の世界文化遺産推進室や同博物館などの関係機関と連携して作成。同市立小学校6年生と中学校1年生合わせて約1万7千人に配布された。2学期以降、各小・中学校での、歴史の学習や総合的な学習の時間に活用する。

同市では、「百舌鳥・古市古墳群」の世界文化遺産登録を目指している。このノートを活用して、子どもたちの「百舌鳥・古市古墳群」への関心を高め、理解を深めるとともに、地元堺への誇りと愛着を深めてほしいとしている。

関連記事