都と地方の高校生が研鑽 元気アップスポーツ交流事業

東京都教委は、「高校生元気アップスポーツ交流事業」を8月からスタートする。都と他県の高校生がスポーツ合宿などを通して、2020年オリンピック・パラリンピック東京大会への機運を高め、競技力向上を目指すのがねらい。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。