絵本でプログラミング教育 親子連れ50人が参加

「絵本で学ぶはじめてのプログラミング!親子のための『ルビィのぼうけん』ワークショップ」(Tech Kids Schoolと翔泳社の共催)が、このほど都内で開かれた。絵本『ルビィのぼうけん』の著者、フィンランド人のリンダ・リカウスさんが来日し、子どもたにダンスを交えて同じ動きを繰り返す「ループ」の練習など「プログラミング的思考」を教えた。会場には親子連れ50人が集まった。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。