「わくわく日本書紀すごろく」 上代文学の世界をゲームで

「聖徳太子なりきりすごろく」
「聖徳太子なりきりすごろく」

「たいしくん誕生! うまごやの前で生まれたんだ」からスタートは、「聖徳太子なりきりすごろく」——。

「わくわく日本書紀すごろく」(900円+税)は、楽しく遊びながら『日本書紀』の世界にふれ、学べる。企画・編集を奈良県が行い、内容は上代文学を研究している松本直樹早稲田大学教育学部長、すごろく遊びとしては、日本の伝統的なゲームを研究している高橋浩徳大阪商業大学研究員が監修。さらに、奈良県小学校教科等研究会社会科部会が協力している。

『日本書紀』の中から有名な8つのテーマをもとに作成した、ブックタイプ。サイコロをふって進む定番の競争型のすごろく遊びもちろん、チップをたくさん集めた人が勝つもの、陣取り合戦などさまざまなルールのものが楽しめる。

8テーマは(1)イザナキ イザナミの国生み(2)天岩戸神話と八岐大蛇退治(3)ヤマトタケルの九州遠征・東征(4)大王たちの古墳(5)聖徳太子(6)大化の改新(7)壬申の乱(8)藤原京と日本書紀づくり。

就学前の子どもから大人まで遊べる。

問い合わせ、注文/TEL 03(3230)2601、FAX 03(3230)2603、Eメール=sugoroku@naisg.co.jp