第63回教育映像祭中央大会 最優秀・文科大臣賞に教育映像3作品

(一財)日本視聴覚教育協会(生田孝至会長)は9月9日、東京都千代田区の東海大学校友会館で第63回教育映像祭中央大会を開催。今年度の視聴覚教育・情報教育功労者と視聴覚教育中央功労者、優秀映像教材選奨入賞作品、全国自作視聴覚教材コンクール入賞作品を表彰した。

同映像祭は、映像教材への関心を高め、学校教育や社会教育、職能教育などで利用の拡大を図ろうと、新作の教育映画・DVD、コンテンツなどから優れた作品を選奨するほか、国内で視聴覚教育の進展に功績のあった功労者を顕彰するもの。

文部科学大臣表彰の視聴覚教育・情報教育功労者には田崎一郎氏を含む32人、同協会会長表彰の視聴覚教育中央功労者には後藤泰博氏、住田望氏、鶴田裕子氏が受賞した。

優れた映像教材に対して贈られる優秀映像教材選奨の最優秀作品賞(文部科学大臣賞)に選ばれたのは次の3作品で、いずれも教育映像から。

幼稚園を含む小学校部門では「災害ケーススタディ—とっさの判断!君ならどうする?—」(特別活動/DVD/86分/東映(株))。社会教育部門で「ここから歩き始める」(市民生活向/DVD/34分/東映(株))。教養部門で「鍛金—玉川宣夫のわざ—」(DVD/36分/(株)日経映像)。

優秀作品賞には、小学校部門(幼稚園を含む)で「小学校体育ショートコンテンツシリーズ 水泳」(体育/DVD/39分/(株)内田洋行)。中学校部門で「気象災害と避難方法—台風・豪雨・土砂災害・落雷・竜巻—」(特別活動/DVD/20分/(株)映学社)。高等学校部門で「新 家庭科ベストセレクション 子どもの成長—新生児から幼児まで-」(家庭/DVD/20分/(株)NHKエンタープライズ)。社会教育部門で「わっかカフェへようこそ—ココロまじわるヨリドコロ—」(市民生活向/DVD/35分/東映(株))、「命を奪う熱中症—熱中症予防を検証する—」(家庭生活向/DVD/24分/(株)映学社)。職能教育部門で「不正を許さない職場づくり 第1巻 若手社員・中堅社員編」(DVD/39分/(株)日経映像)。児童劇・動画部門で「光射す空へ」(DVD/32分/東映(株))。教養部門で「佐賀錦—古賀フミのわざ—」(DVD/30分/(株)桜映画社)。教育デジタルコンテンツから中学校部門で「指導者用デジタル教科書 新編 新しい科学 3年生」(DVD/WinVista、7、8、8.1、10/東京書籍(株))。「指導者用デジタル教科書 中学美術 1」(DVD/Win7、8.1、10/日本文教出版(株))など30作品が選ばれた。

また全国自作視聴覚教材コンクールの最優秀賞(文部科学大臣賞)は2作品。高等学校部門で「イモリの発生4.—生命の神秘 発生—」(映像教材/富山第一高等学校自然科学部・放送演劇部)。社会教育部門で「中津川菅笠作り」(映像教材/山形県飯豊町教委)。

詳細は同協会。URL=http://www.javea.or.jp/

あなたへのお薦め

 
特集