ESDの広がり探る 第8回ユネスコスクール大会12月3日開催

ユネスコ・スクールが一堂に会して開催される第8回ユネスコスクール全国大会(主催・文部科学省、日本ユネスコ国内委員会、共催・NPO法人日本持続発展教育推進フォーラム、金沢大学、後援・石川県教委、金沢市教委、教育新聞社ほか)の開催がいよいよ迫った。今大会は12月3日、石川県金沢市金沢大学角間キャンパスで開かれる。大会テーマは「つなぐ—全国へ、世界へ、そして次世代へ、未来へ」。ESDのさらなる広がりと深まりの在り方を検討する。

ESD推進の拠点であるユネスコスクールは、約1千校にまで拡大した。文科省および大会事務局では、その先進的実践の蓄積を基盤としたESDの知見をさらに発展させるため、ユネスコスクール同士のネットワークの強化、その成果の普及啓発の在り方について協議することを通して、持続可能な社会を次世代および未来へつなぐ方策を探る大会にしたい、としている。

先進校・団体・自治体などの実践発表をもとにESDの課題を協議するテーマ別交流研修会、識者や実践者が登壇するパネルディスカッション、企業の取り組みを発表するランチョンセッション、団体のESDの実践、企業のCSRの概要を発表する展示発表などが予定されている。

プログラムは、表の通り。ユネスコスクールが実践について研究協議をするテーマ別交流研修会は、10の課題で12分科会が設けられる。

パネルディスカッションは、大会テーマのもと、北陸ESD推進コンソーシアム、神奈川県ユネスコスクール連絡協議会の事例を参考に、ESDの広がりを協議する。特別公演「ユネスコスクールを軸としたESDの広がり—他国の事例に学ぶ」は、中国、韓国のESD関係者が登壇し、それぞれ自国の実践を発表する。

参加は無料。対象は、ユネスコスクール関係者(教職員)、一般幼小中高校教員、教育行政関係者、教育研究等関係者(大学、研究所等)、保護者、ユネスコ関係者、ユネスコ協会関係者、企業関係者、学生、その他ESDに関心のある人。

詳細・参加申し込みは、同大会ウェブサイト(http://www.jp-esd.org/conference.html)で。

あなたへのお薦め

 
特集