日本ESD学会(仮称)の設立(来年4月)について

国連ESDの10年(DESD)が2014年に終了して2年が経過した。日本の学校教育ではユネスコスクールがESDの推進役を担うことになり、この間にユネスコスクールは15校から939校(昨年6月現在)に飛躍的に増加した。DESD以前から国際理解教育、環境教育、開発教育等の分野でESDが実施されてきたが、これらの取り組みもDESDの期間に活性化したと聞く。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。