(点描 東西南北)2016年11月下旬のニュース

11月22日午前5時59分頃、福島県沖を震源域として、震度5弱の地震が発生。この影響で、東北、関東地方の小・中・高校など300校以上が臨時休校となった。始業時間を遅らせる学校も相次いだ。文科省は直ちに災害情報連絡室を設置。福島、栃木、茨城の各県教委に、児童生徒の安全確保や施設の被害状況の把握、二次災害の防止などを要請した。同省によると、各教委に確認した限りでは、学校関係の被害情報はないという。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。